色や素材に注意しよう

時計を選ぶ基本について

ビジネスマンのステータスの一つといえば、腕時計が挙げられます。様々なメーカーやデザイン、価格で販売されているアイテムですが、ビジネスのときに身につけたいという場合には色や素材に注意が必要です。
まず、選ぶときに迷ったら黒革で白無地盤、三針時計であるものを選ぶことが基本となります。黒革はベルトの部分になりますが、ラバーやメタルなど素材はいろいろなものがありますが、フォーマルな場なら黒革のベルトが好まれます。普段使いだけではなく、フォーマルな場のことを考えれば黒革のベルトが無難です。
また、シンプルなデザインの方がビジネスシーンに合います。
長針、短針、秒針の3つの針が付いている時計を三針時計と言いますが、針のデザインは様々なものがあるため気に入ったものを選ぶことがオススメとなります。

選ぶ時のポイントとは

基本を知った上で時計を選んでいきますが、ベルトはまず靴と合わせることがオススメです。全体的にまとまった印象を作ることができ、細かいところまで意識した雰囲気を作ることができます。 また、スーツと価格帯を合わせることもポイントです。腕時計は安価なものから高価なものまでありますが、安すぎるのも高すぎるのも印象は悪くなってしまいます。スーツに合わせることで全体的に馴染んだ印象になり、年齢に合わせた相場のものを選んでいくことがオススメです。 また体型にあったケースを選びます。ケースとは時計盤の部分のことを言いますが、ケースの形やシルエットのデザインは様々なものがあり、人によって与える印象が異なります。自分の顔の形や体型を参考に選ぶことがポイントです。